葉酸の効果効能

葉酸は貧血の改善に効果があるの?


普通の感覚で貧血には鉄分を補えばいいというのが多いと思いますが、貧血と一言でいっても種類があり、原因は血液検査をしなければわかりません。貧血の方で鉄分のサプリなどを飲んでも思ったような結果が出ないと思っている方は、一度検査されることをおススメします。


血液の中には赤血球があることはご存じと思いますが、肺から取り込んだ酸素を全身に運ぶ働きをしています。赤血球は4ヶ月ほど働くことができますが、赤血球を作る成分が不足すると全身に十分な酸素を運ぶことができなくなって、身体に不具合が起きてしまいます。


赤血球の生成に問題が出てしまうのは、葉酸が不足しているからで、こういった状態を「巨赤芽球性貧血」別名「悪性貧血」と呼びます。


細胞分裂にはビタミンB12と葉酸が必要になりますが、これらが不足したりうまく吸収されなかったりすると、骨髄の中の赤芽球という物質が大きくなって赤血球になれず、貧血になってしまいます。


悪性貧血の症状は動悸、息切れ、疲れやすい、顔色が悪い、足がむくんだり微熱が出たりするという貧血に共通の症状に加え、舌がぴりぴりする、脚の感覚がなくなるというような症状がでることがあります。


このような症状が出たら、血液検査を受ける、胃・肝臓・骨髄を調べるなどを行います。病院での治療はビタミンB12の注射と葉酸を内服するという方法を行います。